TOP > 豊胸 > 豊胸をしたいならシリコン方式がおすすめ

豊胸をしたいならシリコン方式がおすすめ

胸が小さくてコンプレックスをお持ちの方、大きなサイズアップの豊胸をしたい方にはシリコンパックを入れる方式の美容整形がおすすめです。

ヒアルロン酸注入や脂肪注入による豊胸方法は注射で簡単にできますが1~2カップ程のサイズアップしかできません。しかし、シリコンパック方式の場合は何カップでもサイズアップが可能です。

医師とのカウンセリングで大きさを決める事ができますので安心です。メスでの手術が必要ですが傷跡は目立たないので心配はいりません。

また麻酔を使用するので痛みはありませんし。すぐに大きな胸が欲しい方には向いている方式です。

美容整形の豊胸について

豊胸は脂肪注入のほうが将来性もある

将来的に安心できる方法を取りたいなら、豊胸は脂肪注入が一番です。美容整形を行っていく場合には、将来のリスクまでしっかり考えていくことも大事になりますが、将来性の高い方法を利用していくことが重要になります。

豊胸の場合、後からの問題が重要になります。行ってからトラブルが起こりやすいとされている方法ですので、起こった時の対処として、美容整形を変更するのも大事になっています。これまで行われている方法と異なり、別にいい方法を持っているような状況となっているなら、そちらを活用したほうが成功する可能性もあります。

脂肪注入でおこなう豊胸

脂肪注入でおこなうことで実現ができる豊胸については、まだまだ未開発な部分がある施術ではありますが、近年においてはニーズの高い施術の方法としてあげることができます。

脂肪吸引については確実に痩せることができ、部分痩せをすることもできますので、効果の高い施術として知られています。

その脂肪を今度は胸に注入をおこなうことで、バストアップが可能になりますので、複数の効果が得られることとなり、身体の見え方においても良いことがあげられます。これからにおいても、美容整形の分野でますます発展していくこと予想されるでしょう。

MENU

HOME   医師の給与   医師転職   医師転職エージェント   医師求人   一般病院の医師求人の特色   医師アルバイト   スキルをいかす非常勤医師アルバイト

医師非常勤と医師転職~日本の医療を支えるDrの仕事環境を知る!~では、数多くの医師求人の中から、どのように医師転職先や医師非常勤、医師アルバイト(医師バイト)として勤める医療機関を探すのかなどの情報を掲載しております。当サイトへのお問い合わせはこちらから。美容整形・美容外科の豊胸術についての情報もご紹介。

脂肪注入による豊胸の危険な面

脂肪注入を利用した豊胸の美容整形は、とても画期的な施術である一方やはり大がかりな施術になりますのでトラブルもまだ多いです。

まず脂肪を取り除く作業ですがこちらが一番危険でかつてあった事故ですと内臓付近の脂肪と取り除こうとして内臓を傷つけてしまい出血多量で亡くなった方もいたようです。

胸に入れる方の施術は注射器のようなもので対応するのでそこまでトラブルは起きないようですが、やはり手術を受けるのだということを頭からなくなってはいけませんね。どの施術もそうですがやはり安い病院よりは腕のいい麻酔医師がいるような病院の方がいいでしょう。